【将棋観る将】羽生善治・渡辺明・佐藤天彦・藤井聡太 知っておきたいトップ棋士の人物とエピソードまとめ(2019年版)

SPONSORED LINK

四段

井出隼平(いで じゅんぺい)

//www.shogi.or.jp/images/player/pro/305.jpg
(出展:日本将棋連盟公式サイト)

井出隼平|棋士データベース|日本将棋連盟

  • 段位:四段
  • 所属:関東
  • 師匠:田丸昇九段
  • 戦績:第6期加古川青流戦優勝、第7期加古川青流戦準優勝、第4回YAMADAチャレンジ杯準優勝
  • 戦型:振り飛車(四間飛車)
  • 愛称:イデオン
  • 人物:ニコニコの将棋中継で窪田義行七段の解説で聞き手で出演し、独特な窪田ワールドの「通訳」を務めたことから人気が出る。
    飄々とした人柄と豊富な話題から多数の棋士や女流棋士との交流がある。
    趣味はアニメ、ゲーム、麻雀、スーパー銭湯巡りなど。

    FFのオメガの攻略動画を最近見たという。
    麻雀が非常に強く天鳳で最高段位の九段まで昇段した。天鳳最上位の鳳凰アカウントを所有。

    アニメ好きで1クールで6本程度見ているとのこと。
    戦法は生粋の振り飛車党で四間飛車がメイン戦法。
    仲が良い棋士は年齢の近い青嶋未来五段、近藤誠也五段など。
    荻窪将棋道場の主と山口恵梨子女流から名付けられ、荻窪道場で一緒に指している青嶋未来五段とは特に仲が良い。

    奨励会在籍時に兄弟子の櫛田陽一七段の戦法を絞った方がいいというアドバイスから四間飛車党になる。
    三段リーグで同じ振り飛車党の窪田義行七段に教わるようになる。
    窪田ワールドで自分の将棋が確立出来た、と著作で書いている。
    研究会は荻窪将棋道場で開催されている行方(尚史)研や窪田研に参加。

    妹弟子に高校生女流棋士の小高佐季子女流がいる。(2019年時点)

  • キーワード:
    • 窪田義行……窪田ワールドで知られる窪田義行七段とは親交が深く、窪田義行七段の中継では「解説役」として、また独特の喋り方の「通訳(聞き手)」として出演する事が多い。
    • 伊藤沙恵……女流棋士の伊藤沙恵と交流があり普段から親しいためか、井出と伊藤がアベマTVでの解説と聞き手として出演した際に、伊藤から「塩対応」とも取れるそっけない態度で応対されたことが話題となった。後日ニコニコの将棋中継で、「その件が話題となっているが、伊藤さんとは荻窪の将棋サロンなどでいつも話しているため、普段の様子が出たのではないか」と弁明した。
    • Twitter……本人が更新しているTwitter
      井出隼平 (@twH8XUdPvDhr9zS) | Twitter
  • お勧め書籍:
SPONSORED LINK

この記事をシェアする